医師の自分にあった働き方とは

医師など医療従事者の苦悩

医師の自分にあった働き方への関心が高まっているのは、それだけ多くの人の共通の関心事になっているからです。高齢化社会の進行に伴い、医療現場における人手不足の状況が深刻化してきています。医師や看護師、薬剤師などの医療従事者が足りないという医療機関が多くなってきているのです。人の命や健康を守るという重責を担うということはもとより、国家資格を持つことも必要になるため、敬遠する人が多い職業ということができます。ありとあらゆる分野において、ネットワークサービスのメリットがもたらされる現代社会においては、医師に関する情報も多く取り上げられています。報酬の多さや社会的地位の高さにあこがれて医師を目指す人は多いものの、その激務に耐えられなくなる人もいるのです。

医師を取り巻く環境のあり方

医師や看護師、薬剤師などの医療従事者の人手不足の状況については、厚生労働省や関連省庁においても、その動向を把握しており、国家レベルでの対応の必要性を指摘しています。とりわけ、医師不足については、外国人医師の活用などといったことに活路を見いだそうなどの努力を重ねているのです。人手不足の病院やクリニックにおいては、医師の労働時間が規定の範囲を大幅に超えるなどの問題も起こっており、医師のライフワークバランスを心配する動きも巻き起こっているのです。当然ながら、医師自身にも生活があります。女性医師においては、妊娠や出産、育児なども控えていることから、連日のように残業になることは好ましくないといえるでしょう。

© Copyright The Medical Letter. All Rights Reserved.