変化しつつある医療関係の仕事状況

チーム医療体制が整っている

医療関係者の中では医師がトップで、他のスタッフは医師の指示に従っていればよいという感じが少なからずありました。しかし、近年の医療関係の仕事状況では、患者の病状によりきめ細やかに対応するために、医師の指示によるものではなく、それぞれの持ち場で実力を最大限に発揮するチーム医療体制が充実しつつあります。それぞれの専門分野で患者を検査・診断し、迅速に確実に有効な治療を進められるようになっています。各患者に対して治療方針を決定するための会議を綿密に行い、それぞれのスタッフの立場から意見交換を対等に行えるのが特徴です。医師とスタッフが意見交換を容易にできるようになるので、最もよい治療方針が出やすくなります。また、患者が医師にはなかなか話しづらいことも、他のスタッフ伝いにチームで共有することができるメリットもあります。

チーム医療体制で求められること

チーム医療体制になり、各医療関係者が対等な立場で発言できるようになりました。その分、各医療スタッフに課せられる責任も重くなるということです。それぞれのスタッフの検査や診断を信用したうえで会議や治療方針の決定は行われます。もちろん、全員で確認作業は行います。それでも、各スタッフの発言は重いものになってくるので、わずかなミスも許されない緊張感を常に持ち合わせる必要があります。日々進歩する医療技術に確実に対応し、1人1人の患者に対して最高のパフォーマンスをする必要があります。さらに、治療後のフォローも丁寧に行い、次以降の治療方針決定に生かす姿勢も求められます。専門性を高めてより高い技術を習得する姿勢が求められます。

© Copyright The Medical Letter. All Rights Reserved.