医師の自分にあった働き方と今後の動向

現在の日本における医療現場の状況

現在の日本では、高齢化社会などが要因となって、医療現場における人手不足が急速に進んでいます。それは病院の要である医師だけではなく、それをサポートする看護師や薬剤師、さらには医療事務の人手まで、幅広いものになっています。今後ますます高齢化社会は広がることが予想され、同時に少子化などで医療に携わる人材が減少すれば、この問題はさらに深刻なものとなってしまいます。
そのため、現在では国が総力をあげて、医療現場における人手不足を解消するための対策を行おうとしています。たとえば、難易度が高い医学部のハードルを低く設定したり、勉強する人に対して補助金を設定したり、現役の医師の方のセミナーなどで、医療現場で働くことの意義を伝えるなどの啓蒙活動を行ったりすることが挙げられます。
人手不足の問題が解消されれば、医療現場はより働きやすくなり、ますます働きがいが増すことが期待されます。

基本的には激務だが、工夫すれば自由なスタイルで働くことが可能

現在の医療現場は人手不足ということもあり、基本的にどこも忙しい日々を送っています。有名な腕利きの医師であれば、1日複数回の手術を毎日行うことも珍しくはありません。その一方で、日々確実に医師としての技術を磨きつつ、それでも仕事とプライベートを上手く分けられている人もいます。もちろん、そういう人も使命感が無いわけではありません。医師の自分にあった働き方をしっかりと確立している人というのは、使命感を常に持っていて、日々の業務を確実にこなしています。プライベートを充実させられるという事実は、日々の業務を素早く、かつ性格に行えるようになってきたというバロメーターにもなり得ます。そのために、見習いの頃には精を出して働き、医師としての使命感や技術を維持・向上させていくことが大切になります。

© Copyright The Medical Letter. All Rights Reserved.